ベルセルクラボ » 1-30巻のあらすじと感想 »

ベルセルク21巻のあらすじと感想

ベルセルク21巻のあらすじと感想

スポンサードリンク


跳魚

○あらすじ
イシドロとパックは、キャスカが危機にあることを知る。そこにジェロームが現れるが、彼はファルネーゼとセルピコと一緒にいた。

○感想
ニーナを連行するふりをしているジェロームですが、彼がガッツやイシドロたちと仲間(?)ということはバレていました。


怪僧

モズグスは倒された。ガッツは視界をかすめた卵の使徒、体内に幼魔を入れたあいつは何者だ、と考える。

しかし目の前のキャスカを襲おうとする小柄な敵。彼をジェロームが剣で追い払う。

いよいよジェロームが後戻りできなくなってしまいました。

スポンサード リンク


怪僧2

ガッツは敵の口に剣を刺し、炎で小柄な弟子を焼かせる。しかしガッツに「神!千手砲!」(ゴッドせんじゅカノン)を浴びせるモズグス。無数の拳がガッツを殴りつけるのだ。

小柄な弟子が逃げようとしたニーナを殺そうとするが、彼女は転落してしまう。

ひとまずガッツの機転で弟子を撃退できましたが、彼らもしぶといです。


縋る(すがる)者もがく者

地上では怨念の怪物が再び動き出していた。ガッツはモズグスに剣を打ち込むが、ダメージを与えられない。

モズグスはもどきのくせにほんと強いです。


闇の津波

死を覚悟したモズグスは、炎を吐いてガッツを道連れにしようとする。ガッツは敵の体を壁の下に放り投げる。

すがっていたモズグスが死んだことで、絶望する民衆。そこへ怨念の塊が流れ込んだ。


闇の津波2

無残な姿で魔物に飲み込まれていく多くの人々。卵の使徒は私の世界が自分とともに消えていくと感じていた。

アザンたちは民衆を助けようとするが、彼らは塔の中に逃げ込み、アザンたちを閉めだしてしまう。

自分たちを助けようとした騎士団なのに、犠牲にしてしまうとは。アザンも騎士道に疑問を持ったかもしれません。

スポンサード リンク


共鳴

火で魔物を追い払うガッツ達。後ろで縮こまっているファルネーゼに、少しは手を動かせというガッツ。

パックが焼き栗と化してイシドロの頭にぶつかるのがとても面白いです。

神よ、と祈ろうとするファルネーゼですが、ガッツの名言「祈るな!祈れば手が塞がる!てめえが握ってるそれはなんだ!?」。


天堕つ

パックはベヘリットが共鳴していることをガッツに知らせる。ガッツは烙印に激痛を感じた。光があふれ、卵が割れる。

ついにあの者が降臨します。ここでも多くの命が犠牲となって、あの者が生まれたわけです。


暁(あかつき)

塔は瓦礫と化した。ガッツは震えるキャスカにマントをかけてやる。しかしガッツ達の周りにはクシャーン兵がいた。

まさに一難去ってまた一難です。


出現

瓦礫の中、白い鳥たちが飛び去り、美しい男が姿を現す。ガッツがグリフィス、とつぶやいたのをファルネーゼは気づいていた。

いよいよ受肉しましたか。これで手の届かなかった存在であったフェムトが、ガッツにも手が届くこの現世(物質界)に姿を現したわけです。

そのグリフィスを捕らえよというシラット。やはり彼もバーキラカの一族で、バーキラカは国(クシャーン)を追われたのだとわかります。そのため暗殺集団として生きてきたのでしょう。


決意と旅立ち

聖地を離れようとするイシドロやファルネーゼたち。しかし彼らはクシャーン本隊の姿を見る。隠れて脱出しようとするとき、ゾッドに乗って飛び立ったグリフィスの姿を見るのだった。

卵の中で死んでしまった雛、すなわち卵の使徒になった男に花を手向けてやるルカの姿が印象的です。
21巻のネタバレ有りレビュー


広告
ベルセルク全巻セット(アマゾン)
一気に読める単行本セットです。

ベルセルクラボのトップページ