ベルセルクラボ » 31巻-のあらすじと感想 »

ベルセルク35巻のあらすじと感想

ベルセルク35巻のあらすじと感想

スポンサードリンク


ファルコニア

○あらすじ
ガニシュカの体は、白く輝く巨木となった。それを見上げる人々、使徒たち。そしてその先には、荘厳な建物があった。

建物だけでなく、人の手で作り得ないような都市があった。

○感想
ガニシュカが木になるとは予想もしませんでした。北の神話の樹とは、北欧神話の世界樹「ユグドラシル」、聖者が涅槃(ねはん)を開いたというのは釈迦(ブッダ)が悟りを開いた菩提樹のことです。

それにしても建造物の描き込みがすごいです。これを描くと思うと気が遠くなります。


幽霊船

ひげの海賊たちはロデリックたちに必死に追いつこうとしていた。しかし、彼らを不気味な影がとりまく。

大海原を飛ぶ鳥。その下では、竜が海を泳ぎ、もっと大きな怪物に食われていた。

幻造世界(ファンタジア)篇、妖精島の章が始まりました。いよいよ世の中が怪物だらけになってきました。今回のシールケの顔は必見です。あの海賊たちの執念深さには脱帽です。

スポンサード リンク


幽霊船2

海中からシーホース号を転覆させようとする海賊船。危ないところで船はよけたが、あの海賊が現れた。だが、彼らの目は人間の目ではない。

いよいよ人間やめちゃいましたか。海賊と怪物、確かに名前まで似ています。


幽霊船3

ガッツの大剣が怪物をぶった切る。死にかけの黒焦げ剣士がみごとな戦いぶりを見せたので、船乗りたちは驚く。

強敵の出現に慌てたひげ海賊だが、海中から怪物の親玉が現れる。

船の上では狭いので、ガッツもすこし戦いにくそうです。


孤島

砲撃を受けた海賊船はさらにズタボロに。おまけに日の出になり、奴等は逃げていく。船乗りたちはガッツに声援を送る。

しかし、こちらの船にも被害が出ていた。

マニフィコさん、やっと陸に上がることができました。

海賊の親分風になってしまったシールケの顔は必見です。体に戻ったシールケ、くわっと目を見開きますが、落書きとあまり変わってないです。

それを見たファルネーゼが(たぶん初めて)冗談をいいます。彼女もガッツたちと旅したことで変わりました。

海の波がとてもリアルに描き込まれています。ロデリックたちは海賊船が追ってきたのを知り、大砲で迎撃しますが、なんと船は海に潜ってよけます。どういうこと?

海からは奇妙な生物が出現して、船乗りたちを攻撃します。しかし、いよいよガッツの剣が炸裂。病み上がりということは、もう回復したんですね。

怪物の親玉が現れますが、ガッツは口のようなところに大砲を撃ち、その反動で敵を斬ります。その間に大勢を立て直していたロデリックたちは、船の大砲で敵船に攻撃します。

スポンサード リンク


謎の島

逃げようとする海賊たち、体が気持ち悪いです。シーホース号も敵の攻撃を受けて、浸水が始まってしまいました。やむなく修理のために、近くの孤島に寄ることにします。

早速探検に出かけたイシドロとパック。頂上に行って島が小さいことにがっかりしますが、謎の洞窟を発見。入ろうとしますが、少女に止められます。何者でしょうか。彼女はここには海神が住んでいるといいます。

一方、マニフィコは陸に上がって元気になっています。食事と宿のために村にいく一行ですが、干してある魚は腐っているようですし、人は出てきません。

シールケは不審なオドを感じます。そしてファルネーゼが不気味なものを見つけます。怪物? 使徒よりもある意味不気味かも。


鳴る瀬ろの娘

イシドロは洞窟に海神が住んでいると聞き、少女が止めるのも聞かずに中に入ろうとする。しかし不気味ななにかを感じてやめるのだが、そのときに火の精霊の短剣を落としてしまう。

最近、シールケはばんばん大きな魔法を使って頼り甲斐のあるキャラになっている一方、イシドロはいいところがありません。しかし今回はイシドロが人気者になっています。


禍海(まがわだ)の者共

シールケに問われて、イスマはこの島のことを語りだす。ここはほとんど船も寄らない小さな島で、彼女は村八分になっているという。

やっぱりこの小屋で一人で暮らしているんですね。これは寂しいでしょう。イスマは今後ガッツたちの仲間になるんでしょうか? そうなればドロピーは喜ぶでしょうけど。


人触手

シールケはガッツたちが異変に巻き込まれていることを知り、イスマの案内で村に急ぐ。ガッツやセルピコは剣を振るうが、触手は大量にいる。

あの触手どもが食料になれば助かるんですけど、確かに村人の姿をしていた奴らを食べる気にはなれません。


触手船

また現れたひげ骸骨。奴らの船の中からも怪物が現れ、また巨大なウミウシも集まってくる。

執念深さが生き残る鉄則というひげ骸骨ですが、部下に俺たち死んじまいましたと突っ込まれています。

大きなウミウシを見ると、ドラゴンクエスト2の敵を思い出します。
35巻のネタバレ有りレビュー


広告
ベルセルク全巻セット(アマゾン)
一気に読める単行本セットです。

ベルセルクラボのトップページ