ベルセルクトップへ

31巻-のあらすじと感想

ベルセルク37巻のあらすじと感想


人魚(メロウ)2

○あらすじ
巨大な海神に砲弾を浴びせるロゼリック。全弾命中し確かにダメージを与えているようだ。

(さらに…)

ベルセルク36巻のあらすじと感想


満月

○あらすじ
村にたどり着いたシールケたち。イスマは見知った子供たちに襲われるが、子供たちももはや海神の一部であった。

(さらに…)

ベルセルク35巻のあらすじと感想


ファルコニア

○あらすじ
ガニシュカの体は、白く輝く巨木となった。それを見上げる人々、使徒たち。そしてその先には、荘厳な建物があった。

(さらに…)

ベルセルク34巻のあらすじと感想


盲目の巨神

○あらすじ

民たちは遠くにある巨大な姿を見つめていた。空を覆う暗雲の中央にそびえる、ガニシュカの姿を。

(さらに…)

ベルセルク33巻のあらすじと感想


水泡

○あらすじ
ロデリックのシーホース号の舳先(へさき)には、キャスカと、彼女を見守るガッツの姿があった。ロデリックはガッツに、彼女はあんたにとって何者なんだ、と尋ねる。

(さらに…)

ベルセルク32巻のあらすじと感想


肉弾

○あらすじ
出陣する前のゾッド。ロクスが彼に、ガニシュカ大帝にはいかなる攻撃も及ばないと忠告する。

(さらに…)

ベルセルク31巻のあらすじと感想


灼熱湾

○あらすじ
港にはダーカが溢れる。接岸した戦艦から続々送り込まれているのだ。シールケは戦場にこそある、ある力を使うことにする。

(さらに…)

スポンサード リンク